流通量が少ない専門書は高価

流通量が少ない専門書は高価

流通量が少ない専門書は高価 それぞれの分野で教科書から名著や研究に必須と言われるものまでの多くのレベルの専門書があります。

このような専門書のうち、教科書としてよく使われる本は毎年一定の時期に使わなくなったものとして、流通量が増えます。
また、分野の総論といった専門性が比較的高くないものもいくつかの出版社が同じような内容の本を出版していることが多くなっています。
これらの専門書はいずれも流通量が多く、古書店でも多く取り扱われるため、買取価格も高くなりません。

逆に、ある分野での必須知識を体系的にまとめた名著であったり、狭い領域の専門性が高い本もあります。
これらは絶対数は少ないながら一定の需要があるために販売はされるものの、多く売れるものでもないので出版される量も少なく、定価自体が高価格になっています。
そして、既に購入した人が、その本を手放すことは稀になります。
そのため、このような専門書は、定価自体も高い上に中古市場に流通する数も少なくなり、買取価格は高くなります。

「専門書」の定義とは

「専門書」の定義とは 専門書の辞書的な定義は専門性の高い本、特定の専門分野に関する書籍、専門家向けの本などとされています。専門家がそれまでの知見を踏まえ、独自の考えも付け加えて出版した本を指すということが多いです。
専門書を読める人というのは一般大衆向けの本と比較すると少ないので発行部数も少なくなります。中には希少性が高く、買取価格が高額となる本も少なくありません。
少しでも高く売りたい場合は大衆向けの本屋ではなく、専門性の高い本屋に行くと良いようです。町にある一般的な本屋での取り扱いはあまりなく、大きな本屋でないと置いてないという本も多いです。東京だと新宿、神保町、池袋、吉祥寺、渋谷などにある大型の本屋では比較的多くの専門書を取り扱っています。
図書館ではほとんどすべての専門性の高い本を扱っています。ただし、貸し出しは出来ず、図書館内で閲覧します。高校までの教育で専門書を使うことはあまりありません。多くは大学教育以降で使用します。

新着情報

◎2018/2/9

流通量が少ない専門書は高価
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

宅配便を利用した買取
の情報を更新しました。

◎2017/10/5

専門書の買取をしている店舗
の情報を更新しました。

「専門書 高価」
に関連するツイート
Twitter